オーキッドがデジタル プラ イバシーを提供する方法

オーキッド ネットワークは、分散型仮想プライベート ネットワーク (VPN) を実現し、ユー ザーがサービス プロバイダーのグローバル プールから帯域幅を購入できるようにします。

これを実現するために、オーキッドは OXT と呼ばれる ERC-20 ユーティリティ トークンを 使用します。これは、トークン インセンティブを付与される帯域幅プロキシ用の新しい VPN プロトコル であり、アルゴリズム広告と支払い機能を備えたスマート コントラクト です。オーキッドのユーザーはプロバイダー ディレクトリを使用して帯域幅販売者に接続 し、確率的ナノペイメントによる支払いを行います。そのため、パケットのイーサリアム トランザクション料金は許容できるほど低くなります。

オーキッド アプリ

オーキッドのユーザーは、OpenVPNなどのプロトコル用の一般的な VPN クライアントと同様のクライア ントを実行しますが、オーキッド プロトコルを使用します。オーキッド ネットワーク クライアントは、統 合されたパーソナル ファイアウォールを介してトラフィックを実行する機能など、ほとんどの VPN クラ イアントが提供する基本機能よりも優れた機能を提供します。オーキッドのクライアントには、iOS、 Android、macOS、Linux、および (まもなく) Windows からアクセスできます。

back to top

オーキッドの暗号通貨 (OXT)

OXT の基本的な主目的は、誰がコンピューティング サービスを使用したか、誰がコンピューティング サービス を提供したか、そして平均的なユーザーが平均的なプロバイダーを公平に補償しているかどうかを追跡すること です。

OXT トークンは、以下のようなさまざまな方法でオーキッド ネットワークに価値を提供します。

  • 帯域幅プロバイダー - オーキッド ノードは誰でも操作できますが、最初に OXT をステーキングする必要 があります。多くの OXT をステーキングするほど、ネットワークでの報酬のチャンスは大きくなります。
  • 帯域幅ユーザー - ユーザーは初めて、プライベートで安全なインターネット接続に対する支払いをオン ザフライでできるようになります。クライアントを強化するには、ユーザーは、オーキッド VPN をインス トールし、ウォレットに OXT を追加する必要があります。すると、選択したパスを介してインターネット にアクセスし、世界中のどこでも安全な接続を確保できます。ユーザーは、消費した帯域幅に対してのみ 料金を支払います。

帯域幅マーケットプレイスはピアツーピアであり、中央のパーティに依存することなく完全に分散化された方法 で実行されます。ネイティブ トークンを採用する主な理由は次のとおりです。

  1. オーキッド ネットワーク上の帯域幅の消費に特に関連付けられているトークンを持つ。
  2. オーキッド ネットワークの利益に向けてオペレーターのインセンティブを調整する。

したがってオーキッド トークンは、ネットワークでの帯域幅トランザクションを容易にすることに加えて、帯域 幅プロバイダーへのコミットメントを示し、特定のリスクを軽減することを目的としたオーキッド ネットワーク 内のステークを証明するためにも使用されます。

back to top

Orchid Accounts

Purchased accounts:
Orchid supports the ability for users to buy a pre funded Orchid account from within the official iOS app using native FIAT currency. “Orchid credits” are special accounts where the OXT is not able to be withdrawn by the user, and must be spent only with our preferred providers. Like all Orchid accounts, the account can be shared with an unlimited number of people or devices.

What is being purchased when a user buys Orchid credits?

  • Balance Based on the chosen pricing tier, the user will receive an Orchid account funded with a pre determined amount of OXT which can be used to purchase bandwidth on the Orchid network.
  • Deposit A portion of the purchase is invested as a deposit to the generated account. This is required for participation in the Orchid network as both a deterrent of client malfeasance as well as a determinant for ticket sizing in our nanopayment system.
  • ETH gas Transactions made on the Ethereum blockchain require small payments of ETH and a portion of the credits purchase goes to covering these costs for creating the Orchid account.
  • Fees Transaction fees for accepting FIAT.

The purpose of Orchid credits is to open up use of the Orchid network to a wider range of users, such as users who aren’t familiar with cryptocurrency or don’t want to deal with the intricacies themselves. No personal information is accessed or stored by Orchid during the purchase process or in the use of the Orchid app, and Orchid credits are distributed from a prefabricated pool to ensure anonymity on the network.

Created accounts:
Users looking to supply their own OXT holdings to fund their participation in the Orchid network can create a custom account using Orchid’s web3 based dapp at account.orchid.com . The Orchid Account dapp can only be accessed using a web3 browser such as Metamask , and allows linking of crypto wallets in order to build custom accounts with granular controls. Here, users can fund an account with their own specified values as well as control the size of the associated deposit, determining ticket size in the nanopayment system which can influence efficiency experienced within the Orchid app. These accounts can be easily linked to the Orchid app as an alternative to purchased accounts as well as shared with an unlimited number of people and/or devices.

Learn more about creating an Orchid account.

back to top

オーキッド プロトコル

オーキッドのソフトウェアは、OpenVPN または WireGuard に対象範囲が似ているカスタム VPN プ ロトコルを使用するよう指定されています。オーキッド プロトコルは高性能ネットワーク向けに設計 されており、一般的な Web 標準である WebRTC 上で実行されます。WebRTC は、ブラウザ内部から ビデオやオーディオを送信するために広く使用されています。私たちのプロトコルは、ユーザーがリ モート ネットワーク リソースへのアクセスをリクエストし、ナノペイメント システム経由で OXT を 使用してこれらのリソースの料金を支払えるようにします。

back to top

ナノペイメント

オーキッドは、新しい確率的ナノペイメント システムを使用して、支払いスループットをスケーリングします。

このナノペイメント システムはオーキッドのピアツーピア帯域幅マーケットプレイスの基盤であり、マーケット プレイスでは、クライアントがノード オペレーターに、プロキシ帯域幅の OXT 「チケット」を支払います。こ のシステムは、多くの取引、さらに複数の当事者にわたって取引手数料を償却することにより、少額の支払いに 対する取引手数料を下げるように設計されています。

詳細については、最近の記事をご覧ください。ナノペイメントの紹介

back to top

ノード

オーキッドのサービス プロバイダーは、OpenVPN などのプロトコル用の一般的な VPN デーモンと同様 のソフトウェアを実行しますが、オーキッド プロトコルを使用します。

オーキッド ノードは、イーサリアム上のステーク レジストリおよびプロバイダー ディレクトリに登録情 報を保持します。ステーク レジストリは、オーキッド アプリが分散型の環境で、ユーザーに代わってラ ンダム サーバーを自動的に検出できるように最適化されています。一方プロバイダー ディレクトリは、 オーキッド ノードがジオロケーションや提供される追加サービスなどのメタデータを登録できるように します。

back to top

ステーキング

プロバイダーは、ステーク デポジットを作成するためにいくつかの OXT トークンをステーキングします。 誰でもスマート コントラクトを使用してノードに OXT をステーキングできます。 クライアントは、OXT デポジットの相対的なサイズに比例して新しいノードを選択します。 したがって、ステーク デポジットが大きいほど、それに比例して多くのユーザー、帯域幅、収益を得ることができます。 ノードがすでに最大帯域幅容量にある場合、追加のステークは事実上無駄になります。 ステーク デポジットにロックされたトークンは、すぐに帯域幅のプロビジョニングに使用できます。プロ バイダーがステーキング契約からトークンを撤回する場合には、「ロック解除」プロセス期間を開始する 必要があります。これには 3 ヵ月の冷却期間があり、その間、このトークンをステーク デポジットとして 使用できず、他の場所へ移動させることもできません。 Orchid エコシステムで交換される価値の額に関係なく、所与の売り手には、その売り手が保持しているステーク額の総ステーク額に対する割合と同じ割合のユーザー トラフィックと取引フローが提供されま す。典型的で正直な販売行動を想定すると (ユーザーが悪いサービスに取引フローを与えることはありませ ん)、この取引フローは、総収益の同じ割合に変換されます。ステーキングに関する売り手の決定は、売り手自身の選択に任されています。

back to top

つながっていましょう

最新情報とプライバシー ニュースのニュースレターを受け取る